芸人

ミキ亜生の飼い猫の名前は?捨て猫を保護して里親探しもしている!

「M-1グランプリ2017」で、決勝進出を果たすなど、実力ある兄弟漫才コンビ、「ミキ」。

ミキ亜星さんは、弟にあたります。

 

ミキ亜生さんは、猫が好きで、複数の猫を飼っているといわれています。

そんなミキ亜生さんについて、飼っている猫の名前、猫の画像、猫の保護活動など、猫にまつわることをまとめてみました。

 

ミキ亜生の飼い猫の名前は?

無類の猫好きで知られるミキ亜星さん。

ここでは、ミキ亜星さんが飼っている猫の名前や、飼い猫のことについて、調べてみました。

 

黒猫の助六

ミキ亜星さんが飼っている1匹目の猫は、助六という名前です。

助六とミキ亜星さんが出会ったのは、3年前のこと。

 

近所のブロック塀の向こう側から、猫の鳴き声が聞こえてきて、ミキ亜星さんは塀を乗り越え、保護したとのことです。

助六は、小さすぎて、最初がネズミかと思ったほど。

 

性格は、ツンデレで、一緒に寝てくれるのは、3ヶ月に1回ぐらいだそうです。

 

黒猫の銀次郎

ミキ亜星さんが飼っている猫2匹目は、銀次郎という名前です。

銀次郎は、オス猫の3歳。

 

助六を保護してから、3ヶ月後、隣のおばちゃんに、「猫の声が聞こえる」と言われて、マンホールの中から、助け出したのです。

この猫も、サイズは本当に小さかったとのことです。

 

銀次郎は、甘えたがりで、毎日一緒に寝てくれるのだとか。

また、豆腐が大好きで、夜は豆腐とキャットフードを混ぜたものを食べさせているそうです。

 

キジトラの藤

ミキ亜生さんが飼っている猫3匹目は、キジトラの藤。

ミキ亜星さんは、以前、ラジオ番組で、猫の名前を募集しました。

 

我寿丸という名前に、一度決まっていましたが、名前は藤。

そして、芸名が我寿丸になったようです。

 

藤の品種は、キジトラで、2018年の夏に、ミキ亜生さんに保護されました。

遊び疲れると、ミキ亜生さんと、銀次郎くんの間で、寝てしまうのだそうです。

 

 

ミキ亜生の猫の画像は?

ミキ亜星さんは好きな猫の画像を公開されているのでしょうか?

ここではミキ亜星さんの猫の画像について、調べてみました。

 

インスタにアップされている

ミキ亜星さんは、大好きな猫の画像をインスタにアップしています。

ミキ亜生さんは、沖縄国際映画祭に出演し、2020年4月19日に、インスタを更新しています。

 

沖縄の街で、出会った猫たちとの自撮りショットを複数掲載し、そこに、先輩芸人を仕込んで、ユーザーの笑いを誘っているのです。

インスタでは、まったり過ごす猫と、優しく微笑むミキ亜生さんのツーショット写真をアップ。

 

ユーザーから、「めちゃくちゃ可愛い」などの声が上がりました。

そして、最後の1枚は、「コロコロチキチキペッパーズ」のナダルさんとのドアップ写真を掲載。

 

まさかのオチに、ユーザーからは、「可愛い猫からのナダル…」としっかりツッコミが入りました。

また、ナダルさんの持ちギャグにかけて、「ラスト、いっちってるうう」といったコメントもありました。

 

カレンダーも販売!

3匹の猫と暮らすミキ亜星さん。

2018年10月には、そんなミキ亜星さんの日常をテーマにした日めくりカレンダーが発売されました。

 

タイトルは、「黒猫ダイアリー。僕と僕の家族のカラフルな毎日」です。

カレンダーに登場するのは、ミキ亜生さんと保護した3匹の黒猫、助六、銀次郎、藤。

 

そして、相方のお兄さんミキ昇生さんも、ちょこっとだけ登場。

猫たちが拾われてすぐの貴重な写真から、現在撮ったものまで、様々なものがあり、ミキ亜生さんのファンの方にとっても、猫好きの方にとっても、見ごたえのあるカレンダーに仕上がっています。

 

 

ミキ亜生は捨て猫を保護している!

このように、猫を溺愛するミキ亜生さんは、捨て猫を保護する活動をしています。

そして、猫の里親探しまでしているとか。

 

ここでは、ミキ亜生さんの猫の保護活動をまとめてみました。

 

3年間で20匹も保護

ミキ亜生さんと猫との出会いは、捨て猫を保護したことから始まっています。

ミキ亜生さんは、この3年間で、約20匹の捨て猫を保護してきました。

 

そのことから、ミキ亜星さんは、「捨て猫界のヒーロー」と呼ばれています。

尊い命を守るミキ亜生さん、かっこいいですね。

 

行き場を失った猫から見ると、まさに救世主といえると思います。

「芸人仲間が捨て猫がいたら、知らせてくれるんですよ。夜中でも、とりあえず、現場へ行って、生存確認して、僕を見て逃げたら、一人で生きていけるなと思いますが、動かないと、保護せなあかんと思うんです」と、ミキ亜生さんは話します。

 

飼い猫の助六は、釣りに行く際、鳴き声を聞いたため、ミキ亜生さんが塀をよじ登って、狭い隙間に入り、血だらけになりながら、救出。

銀次郎も、マンホールの蓋を開け、腰まで泥まみれになりながら、保護していたとか。

 

ミキ亜星さんの優しさが伝わってきますね。

 

里親探しもしている!

ミキ亜生さんが保護した捨て猫は、20匹にもなり、さすがにそのまま飼うのは難しいですよね。

そこで、ミキ亜星さんは、自ら里親探しもやっているそうです。

 

猫を保護した後は、自力で餌を食べられるようになるぐらい、回復するまで、面倒を見ているのだとか。

ミキ亜生さんの猫への愛が伺えます。

 

しかし、里親探しは、決して簡単ではないと思われます。

もともと、猫は、それほど人間になついてくれませんので、保護すること自体、難しいのではないでしょうか。

 

捨て猫の面倒を見るには、餌代だけでなく、動物病院に入院させるなど、高額なお金がかかることもあったようです。

それでも、最後まで面倒をみる覚悟で保護し、里親探しに奔走している姿は、ネットニュースでも紹介され、賞賛されています。

 

以前飼っていた千太郎は、隣人のKさんに、引き取られたとか。

信頼関係があってこそ、安心して譲ることができたのかもしれませんね。

 

潔癖症なのに大丈夫なの?

ミキ亜星さんは、実は、極度の潔癖症なのだそうです。

そのことは、捨て猫保護の活動に影響ないのでしょうか。

気になりますね。

 

ミキ亜星さんは、幼少期に、家族みんなで、芝の上で遊んでいた時、素足で、犬のフンを踏んでしまったことがあるそうで、そのことがきっかけで、石を踏んだだけでも、鳥肌が立つぐらいの潔癖症になったのだとか。

新幹線に乗ると、座席に肌がつけられず、除菌用のティッシュで、毎回拭いているそうです。

 

それなのに、なぜ捨て猫を保護し、自宅へ入れて帰れるのか。

不思議に思う人も多いかもしれません。

 

潔癖なミキ亜生さんは、泥だらけの捨て猫を触るのも嫌なのではと思ってしまいます。

しかし、結局、潔癖性なことより、猫への愛の方が強く、見捨てられない思いが強いのだと考えられます。

 

 

さいごに

2017年には、「M-1グランプリ」で、決勝進出を果たした漫才コンビミキ。

ボケ担当のミキ亜生さんは、無類の猫好きで、3匹の猫を飼っています。

 

インスタにアップされている猫との写真は、どれも面白く、ユーザーからは、ツッコミが入れられています。

飼っているのは、どれも捨て猫で、ミキ亜生さんは、捨て猫を保護する活動をしているのです。

 

狭い隙間をよじ登って、血だらけになりながら、猫を救出。

猫が自力で餌を食べれるようになるまで、面倒を見て、さらに、里親探しまでしているとか。

 

その姿は、「ナニワの捨て猫界ヒーロー」と賞賛されています。

なかなかできることではないと思うので、このことから、ミキ亜星さんの優しさが伝わってきますね。

 

そんなミキ亜星さんのこれからの活躍に、期待したいです。

-芸人

© 2020 エンタメLibrary