グラビアアイドル

森咲智美は愛人にしたいグラドルNo.1!豊胸や整形疑惑の真相は?

 

「愛人にしたいグラドルNo.1」で有名な森咲智美さん。

グラビアだけでなく、タレントやYouTuberなど幅広い活躍を見せている芸能人です。

そんな森咲智美さん、豊胸や整形疑惑が一部のファンから騒がれています。

ここではプロフィールから、アイドル時代までを調査、画像を比較しその真相に迫りました。

 

森咲智美のプロフィール

森咲智美さんは1992年8月12日生まれ申年の獅子座です。

出身地は愛知県名古屋市で血液型はO型。

2010年の全日本ロードレース選手権でレースクイーンとして活動しています。

ちなみにこのとき「森智美」という名前で活躍しており、どちらが本名かは公表されていません。

森咲智美さんのキャッチフレーズは「愛人にしたいNo.1グラドル」で、元グラビアアイドル・橋本マナミさんのお墨付きだそうです。

 

森咲智美は『グラビア・オブ・ザ・イヤー』で3連覇!

グラビア・オブ・ザ・イヤーとはキネマ旬報社が主催する、もっともショップに貢献したグラビアアイドルを表彰する賞のことです。

2018年に創設され、森咲智美さんは第1回目から2020年の第3回目までグランプリ3連覇という結果を残しました。

自身のインスタグラムでも「ご報告」と題して、グラビア・オブ・ザ・イヤーで3連覇した喜びと、関係者への感謝の気持ちを投稿しています。

白いドレスがよく似合っていますね。

 

森咲智美はご当地アイドルだった!

「愛人にしたいグラドルNo.1」と今ではグラビアアイドルとして有名な森咲智美さんですが、2010年の当時はご当地アイドルとしてデビューしました。

2010年というと、森咲智美さんはまだ高校生ということになります。

しかし当時はなかなか人気が出ず、取材で苦労した経験を語っていました。

遊びたい時期に下積み経験をしているんですね。

果たしてどんなアイドルだったのでしょうか?

ここではご当地アイドル時代の森咲智美さんについてまとめました。

 

「OS☆U」の元メンバー

「OS☆U」とは、名古屋市大須を拠点とするご当地アイドルグループです。

現在では「2020年ご当地アイドル肩書きランキングBEST20」で第2位に選出されるなど知名度も上がってきています。

森咲智美さんは当時1期生として活動していました。

当時は結成されてから日も浅かったため知名度も低く、森咲智美さんは厳しい環境での下積み時代を送ったようです。

しかしアイドルグループ時代の経験を、「無駄じゃなかった」「その経験があったからファンの気持ちも分かるようになった」とメディアで語っていました。

苦労した経験がグラビアアイドルになった今でも、ちゃんと生きているんですね。

 

2016年3月26日に卒業

1期生として5年7ヶ月、「OS☆U」を引っ張ってきた森咲智美さん。

2016年3月26日に行われた「森咲智美卒業公演〜言葉では伝えきれない「ありがとう」〜」を最後に「OS☆U」を卒業しました。

公演は約600人のファンが集まり、感動の終幕を迎えています。

この頃からたくさんのファンの方に愛されていたんですね。

森咲智美さんはその後すぐに上京し、グラビア活動に力を入れています。

2016年だと当時23歳なのでグラビアアイドルとしては遅めのスタートになります。

相当努力されたことでしょうね。

 

森咲智美のインスタのフォロワーがすごい!

森咲智美さんはSNS投稿に力を入れており、2021年2月の時点でフォロワーは387.8万人を突破。

これは芸能人インスタグラムランキングでも上位に入る数字です。

また試行錯誤を繰り返し、写真を分析しながら「いいね」を増やす努力をしているそうで男性だけでなく、女性フォロワーも多く存在しています。

魅力的なスタイルやボディラインに憧れをもつ女性ファンが多く集まるのでしょうね。

SNSを使いファンを確実に増やしていく、森咲智美さんの戦略と言えるでしょう。

 

「#これがこう」で一躍有名に!

自身のSNS上で人気を集めている「#これがこう」シリーズ。

1枚目と2枚目に投稿された写真の変化を楽しむためのものらしいのですが、森咲智美さんの「#これがこう」シリーズが過激すぎると一躍有名に。

また日本テレビの「マツコ会議」でも取り上げられ人気に拍車がかかりました。

番組ではマツコさんも「素晴らしい!」と大興奮、お墨付きをいただきました。

どの画像を見ても過激過ぎます・・・。

インスタグラムはどこまで投稿OKなのか疑問です。

 

芸能界でもファンが続出!

SNSを始め、男女共にファンが多い森咲智美さん。

読売テレビの「ダウンタウンDX」では霜降り明星の粗品さん始め、長州力さんら男性共演者からセクシーオーラが「いいですね!」と大好評。

またパチスロ番組でもパンサー尾形さんが、大きいバストや露出の高い服装に対し「ヤバいっすね!」と大興奮、盛り上がる様子が放送されました。

芸能界でもファンが続出しています。

共演者始め、思わず見惚れてしまうその身体はまさにグラビア界の女王。

 

森咲智美の豊胸疑惑を検証!

森咲智美さんのエロさの象徴ともいえる「むっちりとした巨乳」。

公式発表されているバストサイズはGカップで、不自然なくらいにきれいな胸なので「豊胸なのでは?」と疑惑が上がっています。

インスタグラムで上がっている写真を見ても確かに、絵に描いたようなきれいな胸をしています。

 

2013年から6cmアップ

現在公表されている森咲智美さんのスリーサイズはB89/W58/H88です。

しかし2013年ご当地アイドル時代に公表されていたスリーサイズはB83/W63/H88でした。

2013年からバストサイズが6cmアップしていることになります。

グラビア界では豊胸手術は結構よくある話なので、森咲智美さんもやっていてもおかしくはありませんよね。

マッサージや筋トレなどのバストアップ方法で、ここまで胸が大きくなるものなのでしょうか。

 

画像でも比較!

「OS☆U」時代の森咲智美さんの画像と現在の画像を比較してみました。

明らかに胸の大きさに変化があるように見えます。

ちなみに「胸の成長はいつまでに止まる」という根拠はなく、女性ホルモンが出ている限り30代でも40代でもケアや努力次第で大きくなる可能性があります。

また豊胸手術をした場合は、触感・傷跡・形などで判断できます。

仰向けで寝たとき胸が流れず、お椀型に盛り上がっていると豊胸の可能性が高いです。

どちらにせよ、森咲智美さんのプロ根性はすごいですよね。

 

森咲智美は整形もしてる?

筋の通った鼻やぱっちりとした二重など顔のパーツも整い過ぎていることから、森咲智美さんは整形もしているのではないか?との疑惑も浮上しているようです。

顔があまりにも美人だと整形してるっぽく見えてしまうんですね。

アイドル時代の画像と見比べて検証しました。

 

アイドル時代の画像と比較!

アイドル時代の画像は「美人」より「かわいい」といった印象です。

昔も現在もぱっちり二重ですね。鼻は若干、今の方が小鼻に見えます。

アイドル時代も普通に可愛いし、美人ですよね。

整形の必要があるには見えません。

減量や化粧のしかた、その日の調子でもカメラ写りは変わってきますから、整形と断言するのはむずかしいです。

化粧でも整形並に顔を変えることができますからね。

 

歯並びも違う?

画像を比較すると、アイドル時代は八重歯なのに現在ではきれいに整っていることが分かります。

歯科矯正はしていますね。

八重歯も可愛らしいですが、今の大人セクシーなイメージには白くてきれいな歯がピッタリ合っています。

芸能人は自分自身の魅力を売っていく世界ですから、努力を惜しまず美を磨いていく姿勢を感じました。

 

森咲智美はトレーニング動画も過激!?

2020年からYoutubeで「森咲智美チャンネル」を開設、登録者数も1年足らずで38.2万人を突破しました。

Youtubeではセクシーさをアピールしつつ、水着姿でキャンプを楽しんだり自身のグラビア人生を熱く語る動画などがありました。

また「美尻作り」や「育乳マッサージ」など女性向けの動画もアップしています。

そのトレーニング動画が過激すぎるということで、視聴回数をぐんぐん伸ばしています。

「プリッとお尻を育成する、極秘トレーニング公開♡」

こちらの動画は配信から11ヶ月で47万回再生を達成。

トレーニング中でもセクシーさは健在で、男性視聴者からも「目の保養ありがとうございます!」とコメントが寄せられています。

また動画を見て分かりますが、スタイルをキープするために様々な努力をしているようです。

森咲智美チャンネルはこちら

チャンネルを覗いてみると常に露出度の高い服装で配信しています。

また意外とアウトドア派の印象を受けました。

 

さいごに

今回は愛人にしたいグラドルNo,1のキャッチフレーズで有名な森咲智美さんの豊胸や整形疑惑の真相についてまとめました。

アイドル時代の画像と比較しましたが「ん?」と思う点は多々ありましたね。

しかし一概に豊胸や整形を確定させる根拠はありませんでした。

化粧やトレーニングなど、努力でも容姿は十分変わる可能性があります。

また自身のYoutubeチャンネルでも、美をキープさせる努力がたくさん配信されていました。

森咲智美さんのプロ根性や努力がファンを魅了する、「愛人にしたいグラドルNo.1」を作り出しているんですね。

今後の活躍も期待しています!

-グラビアアイドル

© 2021 エンタメLibrary