女優

清野菜名のアクションがすごい!身体能力の高さがわかる作品やCMは?

清野菜名さんは映画や舞台、CMなど幅広く活躍する実力派女優です。

アクション女優としても注目されており、ハードなアクションや演技もしています。

 

演技のみではなくシャドーボクシングやバク転をするなど身体能力がすごいと話題になっています。

 

清野菜名のアクションがすごい!

2020年1月から放送されているドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う」でも、ハードなアクションを披露して視聴者の注目を集めています。

回し蹴り、バク転など可愛らしいイメージの清野菜名さんが激しいアクションをこなしているというギャップがありました。

 

高校生のときに養成所に通った

清野菜名さんは高校2年生の時に1年間アクション養成学校(「WORSAL」)に通学していました。

アクション監督の坂口拓さんのもとで本格的な訓練を受けてきました。

 

現在までのアクションシーンが演じられているのは、もともとの清野菜名さんの身体能力の高さに加え、本格的に学校に通い学んだからでした。

高校生の時はまだ女優の仕事を始める前で「とにかく強くなりたかった」と過去に受けたインタビューで話しをしていました。

 

養成所に通い始めたころは、逆立ちなどの基礎から練習しており、現在でもアクロバットを習いに行くなどして、どんどん新しいアクションにも挑戦しています。

 

原点はミラ・ジョヴォヴィッチ

アクションを学ぶきっかけとなったのは、映画「バイオハザード」に出演していたハリウッド女優のミラ・ジョヴォヴィッチさんです。

映画の中でアクションシーンをこなす姿に衝撃を受けて、高校生のときには養成所でアクションの訓練を受けてきました。

 

「バタフライツイスト」という、日本人の女性では5人しかできないといわれている技も習得しています。

清野菜名さんの将来の夢は、ハリウッド映画でミラ・ジョヴォヴィッチさんと共演することで、その夢に向かって努力し続けています。

 

 

清野菜名の身体能力の高さがわかる作品

清野菜名さんはもともと運動神経が良い方ですが、芸能界に入るきっかけはモデルでした。

モデルとしては身長が低いとのことでグラビアにも挑戦していました。

 

しかしグラビアで続けることはなく女優への道を進むことになりました。

最初はなかなか目が出ず、アルバイトに明け暮れている日が続いたそうですが、後に映画の大役を勝ち取っています。

 

その映画が注目されるきっかけとなり、映画のみではなく連続ドラマやCMなどにも出演していきます。

ドラマデビューは2008年の戦隊ものの紅一点でした。

 

それからアクション以外の役でも着実に出演作を増やし現在は主演クラスの女優になっています。

 

TOKYO TRIVE

2014年公開の映画で、清野菜名さんは当時19歳です。

風俗嬢のヒロイン役として出演しています。スタント枠としてオーディションを受けると、園子温監督が清野菜名さんのアクションに目をつけ評価したことで、ヒロインに抜擢されました。

 

その中での可愛らしい印象からは想像もつかない激しいアクションシーンや華麗なハイキックで注目を浴び、女優として活躍するきっかけとなりました。

園子温監督は過去に吉高由里子さんや二階堂ふみさんなどの実力派女優をブレイク前に起用している監督で、清野菜名さんにも何か感じるものがあったのかもしれません。

 

園子温監督は「新鮮だったし輝いていた、アクションが出来るだけではなく、その輝きが良かった」と話していたそうです。

 

東京無国籍少女

2015年には映画「東京無国籍少女」に出演し、その中でのアクションシーンは海外でも話題になりました。

清野菜名さんの初めての映画単独主演作です。

 

清野菜名さん演じる天才女子高生が武装集団に襲撃され戦うというサスペンス映画です。

ロシア兵とのバトルシーンで、殺陣を演じるための銃の練習期間は3日間だったそうです。

 

マガジンチェンジという弾を変える動きを自然にするために、銃を自宅に持ち帰り、自宅でも練習するほど演技熱心な清野菜名さんです。

 

今日から俺は!

2018年のドラマ「今日から俺は!」では空手道場の娘で合気道の達人というヤンキー女子に扮し、キックやパンチのシーンが数多くありました。

一昔前のヤンキーな風貌や昭和をにおわせる雰囲気も違和感なく似合っていました。

 

清野菜名さんの出世作と言われています。

主演は賀来賢人さんで橋本環奈さんとダブルヒロインでの出演でした。

 

アクションシーンはかっこよくこなしていますが、実はダンスは苦手と話しています。

ドラマ内で「今日俺ダンス」というのがありましたが、やはり苦手だからなのか、アクロバット以外の動画がSNSに上がることはありませんでした。

 

 

清野菜名の身体能力の高さがわかるCM

清野菜名さんは映画やドラマだけではなく多くのCMにも出演しています。

2019年には「ソリオ」のCMで可愛らしい印象の妹役を演じました。

 

「オープンハウス」の不動産会社のCMでは小学生役がはまっていて面白いと話題になっています。

その他にもさまざまなCMに出演していますが、清野菜名さんの身体能力がわかるCMが話題になりました。

 

アクエリアスウォーター

アクエリアスのCM「渇き・スッキリ」編では冒頭からいきなりの笑顔でのボクシングシーンが印象的でした。

ジムでのボクササイズのシーンは練習していただけあってパンチの速さもありました。

 

アクションシーンの稽古で激しく打ち込み完全燃焼という感じのCMで汗をかいた清野菜名さんはスポーツマンのような爽やかさもありました。

アクエリアスのCMにも何種類か場面がありアクロバティックな動きや雨の日のランニング、ダンスなどもありました。

 

どの場面でも純粋に楽しんでいるように見えました。

 

インスタでバク転も披露!

インスタの初登校は2014年でギターを弾く姿の写真でした。

この投稿にインスタ開始を待っていたファンからのコメントがたくさん寄せられています。

 

他にも現在までに出演した映画の写真や共演者との写真も投稿しています。

有名人との2ショットも投稿されており、笑福亭鶴瓶さんとの写真や片岡愛之助さんとの写真もありました。

 

清野菜名さんの特技がアクションということもあってアクションの動画も投稿されています。

プロボクサー並のストイックな練習風景や飛び蹴りのアクションをしている風景などの動画が載っていました。女性とは思えない動きとパンチの速さです。

 

スポーツ万能な清野菜名さんは華麗なバク転姿もアップしていました。

壁を使って回転するアクションの動画はスローモーション加工されており、清野菜名さんの動きがよくわかる動画になっています。

 

 

さいごに

国内でも様々なドラマやCMで活躍し注目を集めている清野菜名さんの目標はハリウッド進出だそうです。

憧れの人に会い共演するために、演技のみではなく語学留学もしたいと意欲をみせているようです。

 

今後、アクションスターとして海外でも活躍する姿が見られるかもしれません。

-女優

© 2020 エンタメLibrary Powered by AFFINGER5