アナウンサー

和久田麻由子アナの旦那は元箱根駅伝ランナー!現在の職業や年収は?

和久田麻由子アナの結婚相手が箱根駅伝の元ランナーであると話題になっています。

2019年3月5日、和久田麻由子アナが結婚していたことが報道されました。

 

その結婚相手に世間の関心が集まっています。

実は2011年に箱根駅伝で早稲田大学優勝に貢献したイケメンランナーだと言われているそうですね。

 

そこで今回は

[box03 title="和久田麻由子アナ"]

  • 旦那さんは?
  • 旦那さんの職業や年収
  • 猪俣英希さんとの馴れ初め

[/box03]

というテーマで紹介していきます!

 

和久田麻由子アナの旦那さんは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

女子アナ応援隊(@saeko4021)がシェアした投稿 -

東大卒でNHKのアナウンサーを務める和久田麻由子アナ。

高学歴エリートかつ美人な和久田麻由子アナは、まさに「高嶺の花」という言葉が似つかわしいと言えるでしょう。

 

その結婚相手となれば、きっと同じぐらい立派な肩書きを持った人なのでは?と思った方も多いと思います。

次の項目では和久田麻由子アナの結婚相手の名前や箱根駅伝時代について見ていきます。

 

旦那さんは猪俣英希さん

和久田麻由子アナの結婚相手のお名前は、「猪俣英希」さんと言われています。

2020年1月現在、和久田麻由子アナが30歳で猪俣英希さんが31歳なので年齢も近いようですね。

 

猪俣英希さんといえば、早稲田大学のランナーとして2011年の箱根駅伝で注目を浴びました。

大学卒業と同時に陸上を引退し、現在は大手商社でバリバリ働いているそうです。

 

大手商社へ就職した早稲田大学のOBとしてホームページに顔写真が掲載されていますが、笑顔がとても爽やかなイケメンです。

また在学生へのメッセージ欄からは、箱根駅伝の時と同じように仕事にも並々ならぬ情熱を注いで取り組んでいることがわかります。

 

爽やかイケメンとしても名高い一流サラリーマンの猪俣英希さんですが、箱根駅伝時代にどのような活躍を見せていたのか、振り返ってみましょう。

 

箱根駅伝ランナー時代

猪俣英希さんは2011年第87回箱根駅伝に5区走者として出場していました。

箱根駅伝で猪俣英希さんは東洋大学のエース柏原竜二選手に抜かされて2位になったものの、1位と2位の差を27秒に縮め、早稲田大学優勝へ大きく貢献を果たしました。

 

当初、差を3分間以内におさめれば大健闘だと監督から言われていたのが、27秒におさえた訳ですから、相当な大躍進を見せたことがわかります。

箱根駅伝で一躍有名になった猪俣英希さんですが、実は相当な苦労人です。

 

箱根駅伝を走るために一般入試で早稲田大学に入学した猪俣英希さん。

体育会競走部に入部した当初は、下から数えた方が早いぐらいの実績でした。

 

箱根駅伝の選抜メンバーに選ばれず、悔しい思いを幾度となく経験してきました。

それでも「念ずれば花開く」を座右の銘に4年間、惜しみなく努力を続けたことで、4年生にして初めて箱根駅伝に出場することができました。

 

血のにじむような努力が、箱根駅伝での華々しい快挙へと繋がったことが分かります。

 

 

和久田麻由子アナの旦那さんの職業や年収は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

隊長(@nekotaicho214)がシェアした投稿 -

箱根駅伝で華々しい活躍を見せた猪俣英希さん。

現在はどのようなキャリアを歩んでいるのか、気になる方もきっと多いでしょう。

 

美人で高学歴な和久田麻由子アナの結婚相手ということですから、かなりのスペックを持っていることが予想されます。

猪俣英希さんの現在の職業や年収について解説していきます。

 

三菱商事に勤務

猪俣英希さんは現在三菱商事の船舶・宇宙航空事業船舶部に勤務し、エリートサラリーマンとして飛躍しているそうです。

三菱商事といえば、就職偏差値ランキングでも71〜78という就職最難関のエリート企業です。

 

箱根駅伝時代の努力を糧に、難関企業に就職を果たしたようですね。

猪俣英希さんは、三菱商事に入社した理由を「日本の技術の結晶である船を世界に送り出す為のお手伝いに貢献したい」と語っています。

 

箱根駅伝で早稲田大学を日本一へ導いた時の経験が、日本一の技術を海外に輸出する仕事への思いへと繋がっているようですね。

ゆくゆくは海外勤務になるという噂もあるようです。

 

結婚してからも変わらず仕事にバリバリ打ちこんでいる和久田麻由子アナにとって、猪俣英希さんはプライベートも仕事も両立させている理想の結婚相手と言えるのではないでしょうか。

 

年収を予想!

超一流企業に務める猪俣英希さんの年収はいくらぐらいなのでしょうか?

30代会社員の平均年収は438万円ぐらいだと言われていますが、有価証券報告書によると三菱商事の平均年収は1607万円、平均年齢は42.5歳となっています。

 

平均年齢よりも一回り若い30代の猪俣英希さんの年収は、少なくとも1000万円を超えると推測されます。

世間の会社員に比べると500万円以上も上回っており、かなり高収入であることが分かります。

 

東大卒のNHKアナウンサーと結婚するほどですから、和久田麻由子アナに引けを取らないぐらいの財力はあると思われるでしょう。

 

 

和久田麻由子アナと猪俣英希さんの馴れ初めは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

🌾いなほ🌾(@kaoezhong6252)がシェアした投稿 -

NHKのアナウンサーを務める和久田麻由子アナと、三菱商事勤務の猪俣英希さん。

ふたりが一体どのように出会い、交際に発展したのか気になる方もきっと多いことでしょう。

 

次の項目では、和久田麻由子アナと猪俣英希さんの馴れ初めについて迫っていきます。

 

友人の紹介

和久田麻由子アナとその結婚相手である猪俣英希さんは、共通の友人を介して知り合ったと言われています。

どういった関係の友人からどのように紹介され、交際に発展したのかは残念ながら情報がありませんでした。

 

しかしイケメンで高学歴なエリートサラリーマンと美人で高学歴なエリートアナウンサーですから、お互いが出会って意気投合するのも自然な流れですよね。

友人もふたりがお互いにとって相応しい結婚相手だと思って紹介したのかもしれません。

 

これだけ絵に描いたようなエリート美男美女はなかなかいないでしょう。

和久田麻由子アナと猪俣英希さんふたりと繋がっている友人も、どのような人物か気になりますよね。

 

おそらくかなりのスペックを持った人なのではないかと思われます。

 

スポーツがきっかけ?

ふたりが出会ったのは、スポーツがきっかけなのでは?というお話もあります。

猪俣英希さんが箱根駅伝ランナーであったことは前述で話してきましたが、和久田麻由子アナも東京大学時代ラクロス部のマーネジャーを務めていました。

 

プレイヤーではなくマネージャーという立場でしたが、日本一を目指してチームで切磋琢磨していくというスポーツへの思いは、共通するところがあったのではないかと思います。

友人を介して出会い、共にスポーツの話題で盛り上がって結婚に発展したのかも知れませんね。

 

 

さいごに

ここまで和久田麻由子アナの結婚相手、猪俣英希さんについて解説をしてきました。

猪俣英希さんといえば、箱根駅伝ランナーで注目を浴びたことが記憶に新しいですね。

 

現在は三菱商事に勤務し、エリートサラリーマンとして活躍する猪俣英希さん。

和久田麻由子アナととてもお似合いですよね。

 

猪俣英希さんと和久田麻由子アナ、これからもお二方の幸せを見守っていきましょう。

-アナウンサー

© 2020 エンタメLibrary Powered by AFFINGER5